サロンのシャンプー

こんにちは、スタッフのメタコです。(^^)

お盆休みも終わって、お仕事の方も多いと思います。
メタコはお盆期間中はお仕事だったのでこれからお休みです。(やったぜわーいわーい!)お盆期間中はお休みのお客様も多いので、忙しくて自分の頭はテキトーに洗っといて………?
あれ?いつの間にか髪の毛コワゴワ、脂っぽい?(。>д<)
これではいけない!休み前にシッカリばっちり頭を洗わないと~!

というわけで、
サロンの仕上がりになるシャンプーの仕方
をこれを読んでくださる優しい皆様にお教えします!( ̄- ̄)ゞ

まずは頭皮と髪の毛の状態を観察しましょう。

メタコの場合は頭皮がベタついていて、髪が硬くごわついてしまっていますね。

皮脂は子供からお年寄りまで毎日シッカリ出るものですが、子供の皮脂はサラサラで落ちやすく、大人(30代以上)の皮脂は粘度が高く、しっかり洗わないと毛穴に残っていきます。

残った皮脂が酸化して毛穴がつまる(詰まり過ぎると癖毛になったりする)のですが…加齢臭とはこの酸化した皮脂の臭いの事です。

メタコも毎日テキトーに洗ってた為に皮脂が残ってしまい、脂っぽい頭皮になりました。皮脂が蓄積すると髪の毛は硬くごわついてしまいます(-_-;)

皮脂の詰まった毛穴も、毎日正しく洗えば、改善されますので、大丈夫です(^^)

まず、温かいお湯で頭皮を流します。毛穴を温めて広げ、酸化して固まった皮脂を溶かし出すイメージでしっかり「お湯シャンプー」をしていきます。3分以上が理想です。

このところばかりは光熱費のことは考えないようにしましょうかf(^^;

その後シャンプー剤(1~2プッシュ)を手のひらに取り、少し泡たててから頭皮につけましょう。

指のはらで(詳しくは爪と指のはらの間位の所)毛穴の1つ1つを感じながらゴシゴシ…もみもみ…もみもみもみもみもみもみもみもみもみもみ…結構長い間やります(^-^;

頭のてっぺんや後頭部、耳周りは皮脂が出やすいので特に念入りに…

洗い終わったら流してまた同じ事を繰り返します。一応2回シャンプーが基本なので…(^o^;)2回目のシャンプーのお流しはもちりん念入りにします。シャンプー剤が残ってしまうと皮膚トラブルの原因になっちゃいます。

その後、髪の毛を軽く絞ってトリートメント(1~3プッシュ)します。毛先につけるようにして、地肌にはつけないようにしてくださいね(^^)  (少し時間を置いて頂けたらもちろんいいのですが、時間なかったら メタコはすぐに流します)

トリートメントもしっかり流したら、髪の毛を乾かす工程です。

ドライヤーで乾かすと傷むから自然乾燥!     という方もいらっしゃると思いますが、私はドライヤー乾燥をオススメします。

熱による傷みは確かにありますが、乾かす前にしっかりタオルドライし、髪とドライヤーの距離を手が痛くない程度には離し、四方八方から頭皮を乾かしていくことにより、ダメージは少なく済みます。

髪の毛は乾く瞬間にクセが付くので四方八方から頭皮を乾かすことは明日の自分の為にも大切なのです。そして、短い髪ならいいのですが、なかなか乾かないと雑菌が繁殖してしまうので、やっぱりドライヤーをオススメします。

このように頑張って洗ってトリートメントして乾かしたら……………………地肌を指でさわってみてください。サラサラしてる!髪の毛も変なクセもなく、ツルツルで素髪状態です (о´∀`о) まるでサロン帰り~~

これでメタコの髪も綺麗になったので休みを満喫してきます(^_^)/~~      …どこも行かないけど……

※ノンシリコンなど、髪がキシキシして洗い難かったり、流し難かったりしますが、髪と頭皮には良いものなので、頑張って下さいね。

サロンで使うテクニックとして、髪の毛が指に絡みついた時は、絡んだ指をそっと外して、また地肌に置いて…と繰り返してシャンプーします。なるべく髪の毛を引っ張って傷つけないように頑張っております(^_^ゞ

次回はスタイリング剤の予定です

皆様の髪が美しく健康でありますように……

“サロンのシャンプー” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください