JavaScript でURLエンコード

ページ毎のアクセスログを採るのに1ページずつは面倒だからjavascriptを読み込ませて、
タイトルとUTLを記録させているが、これがいつも、タイトルの日本語が文字化けしていた。

下記のサイトにあるように
JavaScriptにおけるURLエンコードの処理

JavaScriptでは当初はescape()とunescape()のグローバル関数がそのような目的で使われることがありました。しかしこれらの関数は完全なURLエンコード対応でない上に、その関数の定義が途中で変わってしまい、お勧めできません。

ってことでescape()では使い物にならず、utf-8に変換して、cgi側で日本語に戻すようにしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください