シャンプー椅子バネ交換

幾分と前からですが椅子の戻りが悪くなり、スプリングを交換しました。

オーダーサイズは線径3.2mm×外径30mm×巻数37mm 自由長178mmです。(2枚目画像の左)

シャンプー椅子も上げる時は油圧ですが引き戻しは自重とスプリングで引っ張って元の位置に戻ってきます。
しかし、永く使っているとスプリングのフックが写真(右側の上フック)のように破損しました。

1台に2本ずつ使われていましたが、4本とも同じ位置で折れてしまい…今は無きアトリエワールド製なので部品もなく、検索して某ショップが発売してる代品を使用していました(1枚目画像の左)

線径が細くてあきらかにヨワソーでしたが、こちらに付け替えてしばらく使っていましたが…ちょっと大柄なお客様が座ると…微妙な速さで起き上がってきます(;´∀`)約4年使って引き戻しが弱くなってきたので…

ネットでスプリングメーカーを探せど代用できるのが見つけられず、近くの加賀スプリング製作所さんに依頼して出来上がったのが写真のです。

フック部の強度を上げるためにアドバイスいただいた2重フックにしてもらったのはいいのですが、純正のは片側U字フックでした…痛恨のオーダーミス(ーー;)
結局ボルトを外して付け替えの作業になりました。

L字型の治具で反対側を引っ張り出ているボルトに引っ掛けて

ある程度は掃除してますが…汚れはたまってます(;´∀`)

動作は新品同様に戻りました(^_^)v
100kg超えの方も楽勝ですたぶん(^^;

“シャンプー椅子バネ交換” への3件の返信

  1. はじめまして
    東京で美容院を営んでいる魚崎と申します。

    こちらのブログを拝見して連絡をさせていただきました。
    少しお聞きしたく連絡をさせていただきました。

    私のサロンでもアトリエワールドの物を使っております。
    そのアトリエワールドが倒産し困っていることがあります。
    シャンプー台
    商品番号は「CS7-01525」の二つあるバネのうち一つが破損してしまいました。

    どうしようかと思って色々と探していたらこちらのブログにたどり着いたというわけです。

    拝見したところ、同じような内容だったのですが、どのようにして直されたのでしょうか?
    バネ以外はまだまだ使えるので商品を取り寄せて自分で直せるならと思っております。

    ご多忙のところ申し訳有りませんが、ご連絡をお願い致します。

  2. 魚崎さん初めまして!
    アトリエヘアピークスの奥田と申します。

    アトリエワールドの椅子はオオヒロベースのタイプが多いのでオオヒロで対応部品が出ているかもなのですが、当店の場合バネだけの破損なのでバネをオーダーし交換しました。

    当店のシャンプー椅子がタイプCS6となっておりCS7とバネが同等なのか定かではないのですが(;´∀`)

    PAφ3.2×外30×TC37×L(178)二重逆F 1個 4,800円で制作していただきました。
    交換は土台のカバーを外すだけでスプリングが露呈できますので、

    CS6の場合、土台側にボルトがでておりソコにバネを引っ掛けて、3枚目画像にぶら下がっいるバネが有りますが、
    そちらの通っているボルトにU字側のバネを引っ掛けるだけとなっています。

    当店はバネの両端をO字型にしたため手順が逆になり面倒な作業となりましたが、
    通常は両方U字型か片方がU字型のはずなので、
    引っ掛けて引っ張れるような治具が有れば誰にでも出来る簡単な修理だと思います。

    又、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせお願いいたします。

  3. 早速のご連絡、本当に有難うございます。色々と調べてやってみたいと思います。助かりました。有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください