35W HID HB4 コンバージョンキット取り付け

IS350のフォグが切れたので、6000Kの35WのHIDに交換しました。
交換手順はタイヤをめいっぱい切って、ホイールハウスのピンを抜いて、内貼りをベリベリっとめくれば準備完了

純正のHB4よりわずかに全長が長いが全く問題なし(たぶん)

バーナーの余分な油分等を飛ばすため念の為の焼き入れ及び点灯チェック
配線はただ差し込むだけでバッテリー直で引っ張ることもなく普通のバルブ交換の手順です。

安いだけあって(6680円)プラスマイナスを逆に差し込んで点灯しました。
(極性が逆になってる訳ではなくカプラーの取り付けが逆になってました)

暗くなってから点灯チェック
画像じゃそれなりの色ですが(iphoneで撮ってます)、実際は同じメーカーの6000Kバーナーですが、色が全く違い、フォグは緑かかっています。ちょっとカッコ悪いが、1年ほど持てばいいかなっていう程度のものですのであきらめてます。
(明るさは35Wで申し分なく視界良好です)

3 Replies to “35W HID HB4 コンバージョンキット取り付け”

  1. 1年間ほどHIDを使ってましたが、やはり色が気に入らず、LEDも安くなってきたので80W級の明るさっていうタイプに変えました。イメージと裏腹に結構暗くまだまだ実用域ではなかったです。
    (購入したのは旧タイプの実質12w程のようで現在は30wクラスになってるようで期待できそうですが…)

  2. LEDを11ヵ月ほど使い、またFCLの8000KのHIDに変えました。明るさは十分ですが、相変わらず緑が強い色調でフォグレンズのカバーとの相性なのか、製品自体の特性なのか定かではないですが…でまだカプラーの+-は逆になってて無理やり差し込みテープで固定して使ってます。なかなか希望の色にはなりません。

  3. HIDを10ヶ月ぐらいは使っていましたがあまりにも色が悪くなってきたので(緑色…)で前に使っていたLEDを、ヘッドライトの色合わせのためだけに交換して使っていました。が…
    ついに片側が付かなくなりました。

    で、色の合わせやすいLEDのIPF LEDフォグランプ 6500K HB4タイプに付け替えました。
    色は真っ白の手前ぐらいで明るさは、暗くはないですが、明るくも無いです。
    照射の範囲は最適で、安いLEDのように正面ではなく上手く路面を照らすようになっています。
    2700lmなので次回購入するするときは、3500lm以上ぐらいのを目安にすれば、実用的でHIDにも負けない光量で満足できるようにはなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください