AjaxZip3 複数町域にまたがる郵便番号

AjaxZip2を使っていましたが郵便番号の更新が面倒でAjaxZip3が自動更新ということで急いで入れ替えました(^_^)v

楽しようと思いましたが結局は旧バージョンと同じで同じ郵便番号で複数町域にまたがる場合には対応しておらず以前のバージョンと同じように少し手を加えて使っています。

やり方は同じで全国の郵便番号をhttps://www.post.japanpost.jp/zipcode/dl/kogaki/zip/ken_all.zipをダウンロードして下記のperlで重複データを分類しやすくjsonで作り直してプログラムも対応するようにしています。

 

#!/usr/bin/perl

use strict;
use warnings;
use Encode;

print "Content-Type: text/html; charset=Shift_JIS", "\n\n";

my $csvfile = "./KEN_ALL.CSV";
my (%zip,%zip2,%sort_file,@add,@duplication,@uniq,$i);

print "<html><body>";
print "ken_all:$csvfile<hr><pre>";

open(IN,"$csvfile") || &error("Open Error: $csvfile");
while (<IN>) {

$_ =~ s/"//g;
my($id,$z,$zip,$kana1,$kana2,$kana3,$pref,$add,$add2,$etc) = split(/,/);
if ( $add2 =~ s/(|)|「|」|地割|、//s) {$add2="";}#重複してるアドレス削除

my $File_id = ( $zip =~ /^([0-9]{3})/ )[0];#ファイル番号
$id = int($id/1000);#都道府県id
$add2 =~ s/以下に掲載がない場合//g;
push (@add,"$File_id,$zip,$id,$add,$add2");
}
close(IN);

@uniq = uniqArray(\@add);
foreach my $value (sort( @uniq) ){

my ($File_id,$zip,$id,$add,$add2) = split(/,/,$value);
my $address = "\"$add\",\"$add2\"";
if($zip{$zip}){$zip2{$zip} = "$File_id:\"W$id\",$zip{$zip}$address";}else{$zip2{$zip} = "$File_id:$id,$address";}#
if($address){$zip{$zip} .= "$address,";}

}

foreach my $value (sort(keys(%zip2))){#郵便番号順
my ($File_id,$add) = split(/:/,$zip2{$value});

#$i++;
#print "\n($i)$value\n$zip2{$value}";#確認用
#print "$File_id:$value:$add";#確認用
$sort_file{$File_id} .= "\"$value\":[$add],";

};

foreach my $value (sort(keys(%sort_file))){#ファイル番号順
my ($zip,$add) = split(/:/,$sort_file{$value});

$i++;
$sort_file{$value} =~ s/,$//g;
my $v = sprintf( "%03d",$i );
my $new_zip ="\{$sort_file{$value}\}";
my $File_name = $value . ".js";
print "\n($v)$File_name$new_zip";# JSONフォーマット確認用

$File_name = "./data/$File_name";#書き込みフォルダー
#サンプルの場合は先にdata名でフォルダー制作

open( JSON, "> $File_name") or die "$! ? $File_name\n";
$new_zip = Encode::decode("sjis", $new_zip);
$new_zip = Encode::encode("UTF-8", $new_zip );
$new_zip = "\$yubin(" . $new_zip. ")";

print JSON $new_zip;
close( JSON );

#push (@duplication,"$File_name?-$new_zip\n");#確認用;

}

print "</body></html>";
#
#open(FH,"> data.txt");#まとめ書き出し用
#print FH @duplication;
#close(FH);

sub uniqArray{
my $array = shift;
my %hash = ();

foreach my $value ( @$array ){
$hash{$value} = 1;
}

return(
keys %hash
);
}

javascriptは下記の感じて少し足してます。

 

/* ================================================================ *
    ajaxzip3.js ---- AjaxZip3 郵便番号→住所変換ライブラリ
    Copyright (c) 2008-2015 Ninkigumi Co.,Ltd.
    http://ajaxzip3.github.io/
    Copyright (c) 2006-2007 Kawasaki Yusuke <u-suke [at] kawa.net>
    http://www.kawa.net/works/ajax/AjaxZip2/AjaxZip2.html
    Permission is hereby granted, free of charge, to any person
    obtaining a copy of this software and associated documentation
    files (the "Software"), to deal in the Software without
    restriction, including without limitation the rights to use,
    copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell
    copies of the Software, and to permit persons to whom the
    Software is furnished to do so, subject to the following
    conditions:
    The above copyright notice and this permission notice shall be
    included in all copies or substantial portions of the Software.
    THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND,
    EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES
    OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND
    NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT
    HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY,
    WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING
    FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR
    OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE.
* ================================================================ */

AjaxZip3 = function(){};
AjaxZip3.VERSION = '0.51';
//AjaxZip3.JSONDATA = 'https://yubinbango.github.io/yubinbango-data/data';
AjaxZip3.JSONDATA = '/order/DataFile/data';
AjaxZip3.CACHE = [];
AjaxZip3.prev = '';
AjaxZip3.nzip = '';
AjaxZip3.fzip1 = '';
AjaxZip3.fzip2 = '';
AjaxZip3.fpref = '';
AjaxZip3.addr = '';
AjaxZip3.fstrt = '';
AjaxZip3.farea = '';
AjaxZip3.ffocus = true;
AjaxZip3.onSuccess = null;
AjaxZip3.onFailure = null;

AjaxZip3.PREFMAP = [null,'北海道','青森県','岩手県','宮城県','秋田県','山形県','福島県','茨城県','栃木県','群馬県','埼玉県','千葉県','東京都','神奈川県','新潟県','富山県','石川県','福井県','山梨県','長野県','岐阜県','静岡県','愛知県','三重県','滋賀県','京都府','大阪府','兵庫県','奈良県','和歌山県','鳥取県','島根県','岡山県','広島県','山口県','徳島県','香川県','愛媛県','高知県','福岡県','佐賀県','長崎県','熊本県','大分県','宮崎県','鹿児島県','沖縄県'
];


AjaxZip3.zip2addr = function ( azip1, azip2, apref, aaddr, aarea, astrt, afocus ) {
    AjaxZip3.fzip1 = AjaxZip3.getElementByName(azip1);
    AjaxZip3.fzip2 = AjaxZip3.getElementByName(azip2,AjaxZip3.fzip1);
    AjaxZip3.fpref = AjaxZip3.getElementByName(apref,AjaxZip3.fzip1);
    AjaxZip3.faddr = AjaxZip3.getElementByName(aaddr,AjaxZip3.fzip1);
    AjaxZip3.fstrt = AjaxZip3.getElementByName(astrt,AjaxZip3.fzip1);
    AjaxZip3.farea = AjaxZip3.getElementByName(aarea,AjaxZip3.fzip1);
    AjaxZip3.ffocus = afocus === undefined ? true : afocus;
    if ( ! AjaxZip3.fzip1 ) return;
    if ( ! AjaxZip3.fpref ) return;
    if ( ! AjaxZip3.faddr ) return;

    // 郵便番号を数字のみ7桁取り出す
//    var zipoptimize = function(AjaxZip3.fzip1, AjaxZip3.fzip2){
        var vzip = AjaxZip3.fzip1.value;
        if ( AjaxZip3.fzip2 && AjaxZip3.fzip2.value ) vzip += AjaxZip3.fzip2.value;
        if ( ! vzip ) return;
        AjaxZip3.nzip = '';
        for( var i=0; i<vzip.length; i++ ) {
            var chr = vzip.charCodeAt(i);
            if ( chr < 48 ) continue;
            if ( chr > 57 ) continue;
            AjaxZip3.nzip += vzip.charAt(i);
        }
        if ( AjaxZip3.nzip.length < 7 ) return;
//    };

    // 前回と同じ値&フォームならキャンセル
    var uniqcheck = function(){
        var uniq = AjaxZip3.nzip+AjaxZip3.fzip1.name+AjaxZip3.fpref.name+AjaxZip3.faddr.name;
        if ( AjaxZip3.fzip1.form ) uniq += AjaxZip3.fzip1.form.id+AjaxZip3.fzip1.form.name+AjaxZip3.fzip1.form.action;
        if ( AjaxZip3.fzip2 ) uniq += AjaxZip3.fzip2.name;
        if ( AjaxZip3.fstrt ) uniq += AjaxZip3.fstrt.name;
        if ( uniq == AjaxZip3.prev ) return;
        AjaxZip3.prev = uniq;
    };


    // 郵便番号上位3桁でキャッシュデータを確認
    var zip3 = AjaxZip3.nzip.substr(0,3);
    var data = AjaxZip3.CACHE[zip3];
    if ( data ) return AjaxZip3.callback( data );

    AjaxZip3.zipjsonpquery();

};
	var $W=0;

AjaxZip3.callback = function(data){
	var $WW=0;


        function onFailure( ){
            if( typeof AjaxZip3.onFailure === 'function' ) AjaxZip3.onFailure();
        }
        var array = data[AjaxZip3.nzip];
        // Opera バグ対策:0x00800000 を超える添字は +0xff000000 されてしまう
        var opera = (AjaxZip3.nzip-0+0xff000000)+"";
        if ( ! array && data[opera] ) array = data[opera];
        if ( ! array ) {
            onFailure();
            return;
        }
        var pref_id = array[0];                 // 都道府県ID
		if(/W/i.test(pref_id) && $W===0){pref_id = pref_id.substr(1);$WW++;};
        if ( ! pref_id ) {
            onFailure();
            return;
        }
		
		
        var jpref = AjaxZip3.PREFMAP[pref_id];  // 都道府県名
        if ( ! jpref ) {
            onFailure();
            return;
        }

        var jcity = array[1];
        if ( ! jcity ) jcity = '';              // 市区町村名
        var jarea = array[2];
        if ( ! jarea ) jarea = '';              // 町域名
        var jstrt = array[3];
        if ( ! jstrt ) jstrt = '';              // 番地

        var cursor = AjaxZip3.faddr;
        var jaddr = jcity;                      // 市区町村名
		
		

        if ( AjaxZip3.fpref.type == 'select-one' || AjaxZip3.fpref.type == 'select-multiple' ) {
            // 都道府県プルダウンの場合
            var opts = AjaxZip3.fpref.options;
            for( var i=0; i<opts.length; i++ ) {
                var vpref = opts[i].value;
                var tpref = opts[i].text;
                opts[i].selected = ( vpref == pref_id || vpref == jpref || tpref == jpref );
            }
        } else {
            if ( AjaxZip3.fpref.name == AjaxZip3.faddr.name ) {
                // 都道府県名+市区町村名+町域名合体の場合
                jaddr = jpref + jaddr;
            } else {
                // 都道府県名テキスト入力の場合
                AjaxZip3.fpref.value = jpref;
            }
        }
		
        if ( AjaxZip3.farea ) {
            cursor = AjaxZip3.farea;
            AjaxZip3.farea.value = jarea;
        } else {
            jaddr += jarea;
        }
        if ( AjaxZip3.fstrt ) {
            cursor = AjaxZip3.fstrt;
            if ( AjaxZip3.faddr.name == AjaxZip3.fstrt.name ) {
                // 市区町村名+町域名+番地合体の場合
                jaddr = jaddr + jstrt;
            } else if ( jstrt ) {
                // 番地テキスト入力欄がある場合
                AjaxZip3.fstrt.value = jstrt;
            }
        }
		
		
		///////////////////////////////////////
			if($WW){
				$W= 1; jcity = jarea =vzip='' ;

				$(AjaxZip3.fpref).after("<div id='insertaddr'class='pickup_announce' style='width:380px;display:none'></div>");
				
				var sumaddr = "複数地域が有りますので選択してください。";
				
				for (var keyString in array) {
					if(keyString == 0){continue;}
					else if((keyString % 2)){sumaddr += "<div style='padding:1px 5px;cursor:pointer;border:1px solid #333;background-color:#fff'>" + array[keyString];}// 町域名
					else{sumaddr += " " + array[keyString] +"</div>";} // 市区町村名

				}
				var $insert = $("#insertaddr");
		//		
				$insert.html(sumaddr).fadeTo(500, 1);
				
				var $div = $("#insertaddr div");;

				$div.on('click',function(e){

				        AjaxZip3.faddr.value = $(this).text();
						$insert.fadeTo(500, 0.3,function () {$(this).remove();$("#"+AjaxZip3.faddr.name+"_1").focus();});
						$W=0;
						

				});
				
				$div.hover(
				  function () {
				     $(this).css({ backgroundColor:"#999",color:"yellow"})
				  },
				  function () {
				     $(this).css({ backgroundColor:"#fff",color:"#000"})
				  }
				);		

			}else{$("#insertaddr").remove();AjaxZip3.faddr.value = jaddr;;}
		
		//////////////////////////////////////////

        if( typeof AjaxZip3.onSuccess === 'function' ){AjaxZip3.onSuccess();}

        // patch from http://iwa-ya.sakura.ne.jp/blog/2006/10/20/050037
        // update http://www.kawa.net/works/ajax/AjaxZip2/AjaxZip2.html#com-2006-12-15T04:41:22Z
        if ( !AjaxZip3.ffocus )return;
        if ( ! cursor )return;
        if ( ! cursor.value )  return;
        var len = cursor.value.length;
        cursor.focus(); alert();
        if ( cursor.createTextRange ) {
            var range = cursor.createTextRange();
            range.move('character', len);
            range.select();
        } else if (cursor.setSelectionRange) {
            cursor.setSelectionRange(len,len);
        }

};

// Safari 文字化け対応
// http://kawa.at.webry.info/200511/article_9.html
AjaxZip3.getResponseText = function ( req ) {
    var text = req.responseText;
    if ( navigator.appVersion.indexOf('KHTML') > -1 ) {
        var esc = escape( text );
        if ( esc.indexOf('%u') < 0 && esc.indexOf('%') > -1 ) {
            text = decodeURIComponent( esc );
        }
    }
    return text;
}

// フォームnameから要素を取り出す
AjaxZip3.getElementByName = function ( elem, sibling ) {
    if ( typeof(elem) == 'string' ) {
        var list = document.getElementsByName(elem);
        if ( ! list ) return null;
        if ( list.length > 1 && sibling && sibling.form ) {
            var form = sibling.form.elements;
            for( var i=0; i<form.length; i++ ) {
                if ( form[i].name == elem ) {
                    return form[i];
                }
            }
        } else {
            return list[0];
        }
    }
    return elem;
}

AjaxZip3.zipjsonpquery = function(){
    var url = AjaxZip3.JSONDATA+'/'+AjaxZip3.nzip.substr(0,3)+'.js';
    var scriptTag = document.createElement("script");
    scriptTag.setAttribute("type", "text/javascript");
    scriptTag.setAttribute("charset", "UTF-8");
    scriptTag.setAttribute("src", url);
    document.getElementsByTagName("head").item(0).appendChild(scriptTag);
   };

function $yubin(data){
    AjaxZip3.callback(data);

};

AjaxZip2 複数町域にまたがる郵便番号

通販サイトのピークスクラブで永らく使ってましたが、ふと最近文字化けするようになり対策がないかググッてますと、ajaxzip2に致命的なバクがあるとか…


調べると1500件以上郵便番号が重複していて、ajaxで書き出されるのが重複郵便番号の最初の1件のみでした…

公開されているプログラムで楽しようと使わせていただいていましたが結局ちょい手を加えて対応しました。


例えば郵便番号が028-7302の場合、

八幡平市 松川温泉
八幡平市 松尾寄木
八幡平市 八幡平温泉郷

と3件あり選択できるようにしました。

http://www.post.japanpost.jp/zipcode/dl/kogaki/lzh/ken_all.lzhから全国の圧縮版を入手し、解凍先のフォルダに下のプログラムを入れて走らせるともれなく書き出します(たぶん)
やっつけなんで突っ込みどころ満載ですが…

sjisで保存して、郵便番号はajaxzip2と同じ書式でutf-8での書き出しになってます。

重複時は県番号にWを付けたので、””でくくらないとjsonで読み出せなくなりますので…

で、後はajaxzip2.jsを適当に修正して完成です。参考になさる方は、ソース覗いてください。
https://www.peaks.jp/order/DataFile/ajaxzip2.js

※ 県配列は運送会社の料金区分で分けれるよう入れ替えてますのでjsファイルをまんま使うと大変な事になりますので…ご注意ください。

#!/usr/bin/perl

use strict;
use warnings;
use Encode;

print "Content-Type: text/html; charset=Shift_JIS", "\n\n";

my $csvfile = "./KEN_ALL.CSV";
my (%zip,%zip2,%sort_file,@add,@duplication,@uniq,$i);

print "<html><body>";
print "ken_all:$csvfile<hr><pre>";

open(IN,"$csvfile") || &error("Open Error: $csvfile");
while (<IN>) {

$_ =~ s/"//g;
my($id,$z,$zip,$kana1,$kana2,$kana3,$pref,$add,$add2,$etc) = split(/,/);
if ( $add2 =~ s/(|)|「|」|地割|、//s) {$add2="";}#重複してるアドレス削除

my $File_id = ( $zip =~ /^([0-9]{3})/ )[0];#ファイル番号
$id = int($id/1000);#都道府県id
$add2 =~ s/以下に掲載がない場合//g;
push (@add,"$File_id,$zip,$id,$add,$add2");
}
close(IN);

@uniq = uniqArray(\@add);
foreach my $value (sort( @uniq) ){

my ($File_id,$zip,$id,$add,$add2) = split(/,/,$value);
my $address = "\"$add\",\"$add2\"";
if($zip{$zip}){$zip2{$zip} = "$File_id:\"W$id\",$zip{$zip}$address";}else{$zip2{$zip} = "$File_id:$id,$address";}#
if($address){$zip{$zip} .= "$address,";}

}

foreach my $value (sort(keys(%zip2))){#郵便番号順
my ($File_id,$add) = split(/:/,$zip2{$value});

#$i++;
#print "\n($i)$value\n$zip2{$value}";#確認用
#print "$File_id:$value:$add";#確認用
$sort_file{$File_id} .= "\"$value\":[$add],";

};

foreach my $value (sort(keys(%sort_file))){#ファイル番号順
my ($zip,$add) = split(/:/,$sort_file{$value});

$i++;
$sort_file{$value} =~ s/,$//g;
my $v = sprintf( "%03d",$i );
my $new_zip ="\{$sort_file{$value}\}";
my $File_name ="zip-" . $value . ".json";
print "\n($v)$File_name$new_zip";# JSONフォーマット確認用

$File_name = "./zipdata/$File_name";#書き込みフォルダー
#サンプルの場合は先にzipdata名でフォルダー制作

open( JSON, "> $File_name") or die "$! - $File_name\n";
$new_zip = Encode::decode("sjis", $new_zip);
$new_zip = Encode::encode("UTF-8", $new_zip );
print JSON $new_zip;
close( JSON );

#push (@duplication,"$File_name----$new_zip\n");#確認用

}

print "</body></html>";
#
#open(FH,"> data.txt");#まとめ書き出し用
#print FH @duplication;
#close(FH);

sub uniqArray{
my $array = shift;
my %hash = ();

foreach my $value ( @$array ){
$hash{$value} = 1;
}

return(
keys %hash
);
}

 

クロネコヤマトB2 センタリングの仕方

先日、インクジェットのプリンターが壊れたので買い換えました。が、
これが、背面からの手差しをする時に、用紙の挿入口のガイドを中央に寄せるタイプで、クロネコヤマトで商品を発送する場合に下記リンク先にあるように、「送り状発行ソフトB2」では対応せず、中央に差し込まれた送り状の左はしにだけプリントされるようになってしまいました。

送り状発行ソフトB2 (法人・個人事業主のお客さま 向け) B2のご利用前に|ヤマト運輸

B2のソフトからの余白の調整は1桁のmm単位でしか対応せず、プリンターを買い換えようかとも悩みましたが、

確かインストールする時にiniファイルを作ってたようなので探して、

windows配下のWebBCAT.INIの下記の箇所で直接mm単位で記入してセンタリングに対応するように出来ました。(元払いと代引きと赤字の2箇所修正です)
買ったCANONのPIXUS MG6130では61mmぐらいで使えてます。

[WEBBC013P]
Top=5
Left=61
[WEBBC013PC]
Top=5
Left=61

プリンターを分解するまで知らなかったのですがインクジョットプリンターはヘッドクリーニングの度にインクを捨てていて、それをフェルトに吸収させて溜め込んで処理しています。
ある程度ヘッドクリーニングすると廃棄されるインクでプリンターがまったく動かなくなり、リセットするまで受付なくなります。

でいつものように分解し、フェルトを水洗いクリーニングし組み込直して、あちこち検索しながら(メーカーのページに無い)リセット方法を見つけ出しめでたく復活・・・と思いきや・・・ヘッド回りを弄りすぎたみたいで…まったくプリントされずになり・・・捨てました・・・

IC5CL05×6個 リサイクル品
IC1BK05×1個 純正品
IC1BK05×2個 バルク品
IC5CL06×1個 純正品(品番間違えて買った・・・)

とインクが未使用で残ってますがほしい方いませんか?

perl フォームからの検索語のチェック「|」

通販のページに検索フォームをつけました。

perlで製作していますが、複数語句を入力した時に、正規表現で|(パイプ)を使い

$s =~ /a|b|c/ とし a、b、cどれかにマッチするようにしていますが、
この時にフォームに正規表現で

アリミノ|トリートメント とか入力されるとそれぞれアリミノ、トリートメントに該当するのがリストアップされますが、これが
アリミノ | トリートメント とスペースも入力されると次の語句のマークアップでとんでも無いことがおきました。
借りているサーバーは共用ですから他の人の迷惑になりますのであちこちクグリましたが、
対応策が見つからず、
結局フォームからURIエンコードされてくるデータを分解時に
length(フォームデータ)<=3 で 3バイト以下を全部削除するようにして解決です。 sjisで書いていますから、 &jcode’convert(*look_up_and,’euc’)
一端eucに変換してマッチングと置換えは行い又、
sjisに戻して表示しています。

下記のサイトはすごくためになります。
Perlメモ
“$ascii = ‘[\x00-\x7F]’; $twoBytes = ‘[\x8E\xA1-\xFE][\xA1-\xFE]’; $threeBytes = ‘\x8F[\xA1-\xFE][\xA1-\xFE]’; if ($str =~ /^(?:$ascii|$twoBytes|$threeBytes)*?(?:$pattern)/) { print ‘マッチした\n’; }”

ハニエル プレミアンハイブライド新発売(シットリタイプ)

ハニエルからもシットリタイプ発売されました。
当店も本日入荷のはすが未だ入ってきていないですけど、特許の親元ですからセフィーヌラ・ATPとの違いがどうか早く現物を確認したいところです。期待できそうですよ~。
(06月04日に無事入荷いたしました。こちらで取扱いしています。)

ハニエルシャンプーハニエルトリートメント
従来のハニエルディフェンダーシャンプー&トリートメントとここが変わりました
1.フラビンアデニン ジ ヌクレオチド(FAD)を配合しました。
 電子を2つ持つ特殊なタンパク質で安定して電磁気力を発生させることにより、スムーズに髪を復元させることができます。
2.シッカリとクレンジングしながらもきしみがありません
 ロングヘアやデジパー、縮毛矯正など、ダメージのきになる方にも従来のハニエルよりきしみ具合が滑らかになりました。きしまなくても再生能力がアップしています。
3.抜け毛が減る!育毛効果UP
 プレミアンハイブライドシャンプー・トリートメントには、育毛効果のある「ビワ葉エキス」などを配合し、従来のハニエルディフェンダーの抜け毛予防にプラスして「育毛効果」が期待できます。
4.ナノバルブ水使用
 ナノバルブ水とは1mmの5000分の1サイズの気泡を含む水。その水の泡の周りに電子の膜をつくるので、これにより吸い寄せられる有効成分が頭皮・頭髪に浸透するため無駄なくスピーディに栄養を運べるようになりました。
5.ダメージを与えるラジカルを除去します。
 紫外線などで発生する「メラニンラジカル」。これは身体に有害な活性酸素の元になります。プレミアンハイブライドシャンプー・トリートメントはメラニンラジカルの発生を抑制することがESR(ElectronSpinResonance→【和名】電子スピン共鳴)にて確認されています。
6.上品なマグノリアの香り
 今度のハニエルプレミアンハイブライドシャンプー・トリートメントはマグノリアをベースとした「木蓮」の香りをイメージした上品でエキゾチックな香りです。